2014/11/25

歌詞 和訳 The Doobie Brothers - What a Fool Believes (ドゥービー・ブラザーズ - ホワット・ア・フール・ビリーヴス)

The Doobie Brothers - What a Fool Believes (ドゥービー・ブラザーズ - ホワット・ア・フール・ビリーヴス)
My Tags: US / Love


※この記事は旧ブログから移動しました




Song by The Doobie Brothers


コメントでリクエストをもらったので、
ドゥービー・ブラザーズが歌う"What a Fool Believes"の歌詞を和訳してみました。



1978年リリースの8thアルバム"Minute by Minute"に収録されています。

グラミー賞の受賞ナンバーなんですね。
第22回グラミー賞最優秀レコード賞と最優秀楽曲賞。

和訳しながらエンドレスでリピートしていたら、すごく愛着が湧いてきました。

なんか切ない。

キムタクが出演してるトヨタの車、カローラフィールダーのCMソングにもなってます。



【英語 & 日本語 対訳】
"He came from somewhere back in her long ago
The sentimental fool don't see
Trying hard to recreate
What had yet to be created once in her life"

あいつがいたのは 彼女の遠い過去の 一時(ひととき)に過ぎない
感情で動く愚か者には分からないんだ
必死にやり直そうとしているが
彼女の人生には まだ一度だって存在していない

"She musters a smile
For his nostalgic tale
Never coming near what he wanted to say
Only to realize
It never really was"

あいつの懐かしむばかりの昔話に
彼女は笑顔を振りしぼる
あいつの言いたい話題には 決して触れない
ただ気付かされただけだ
本当に存在さえしていなかったと

  ( *1 )
"She had a place in his life
He never made her think twice
As he rises to her apology
Anybody else would surely know
He's watching her go"

彼女はあいつの人生に居場所をもらったが
あいつは彼女の考えを変えさせることができなかった
あいつは彼女の弁明にもうまく立ち回り
他の誰もがきっと知っているだろう
あいつは彼女が去るのをじっと見ているんだ

"But what a fool believes he sees
No wise man has the power to reason away
What seems to be
Is always better than nothing
And nothing at all keeps sending him"

けれど 愚か者は信じている あいつは考えている
利口な男だから理屈で乗り切れる力を持っている訳じゃない
何だと思う?
常に何もないよりはいい
あいつをずっと信じさせるものなど何もないのに

"Somewhere back in her long ago
Where he can still believe there's a place in her life
Someday, somewhere, she will return"

彼女の遠い過去の 一時(ひととき)でも
彼女の人生に居場所があるなら あいつはまだ信じられる
いつか どこかで 彼女が戻ってくるだろうと

  ( *1 repeat )

"But what a fool believes he sees
No wise man has the power to reason away
What seems to be
Is always better than nothing
There's nothing at all
But what a fool believes he sees"

けれど 愚か者は信じている あいつは考えている
利口な男だから理屈で乗り切れる力を持っている訳じゃない
何だと思う?
常に何もないよりはいい
そこには何もないけれど
愚か者は信じている あいつは考えている





Memo:
think twice = よく考えてみる 考え直す
rise to = 耐える (危機などに)うまく対処する (要求などに)能力を発揮する
reason away = 説得して退ける どうにかして消し去る



"愚か者" = "He" = "あいつ"ということで和訳してみました。


昔は、洋楽に、日本独自のタイトルを付けられることが多かったみたいで、
この曲にも"ある愚か者の場合"という邦題が付けられています。

最近は洋楽に邦題がついてるのって見かけないですよね?

なんて思いながら、"洋楽"と"邦題"でググってたら、
可笑しな邦題の洋楽を集めたサイトを発見し、つい見入ってしまいました。

ブックオフさんの"洋楽☆やりたい邦題"っていうサイト。
ナイス・ネーミング…。

※この記事は旧ブログから移動しました

2 件のコメント :

  1. この曲ってさ、思ったんだけど、友人のことを歌ってるみたいな感じなんだけど、
    「自分も昔そうだったんだよ、、よくわかるよ、
    オレも昔そうだったよ、懐かしいな、その心の痛み、、」っていうのが裏にあると思う。

    返信削除
  2. この曲ってさ、思ったんだけど、友人のことを歌ってるみたいな感じなんだけど、
    「自分も昔そうだったんだよ、、よくわかるよ、
    オレも昔そうだったよ、懐かしいな、その心の痛み、、」っていうのが裏にあると思う。

    返信削除