2014/12/18

歌詞 和訳 Billy Joel - Piano Man (ビリー・ジョエル - ピアノ・マン)

Billy Joel - Piano Man (ビリー・ジョエル - ピアノ・マン)
My Tags: US / Stronger / Dream


※この記事は旧ブログから移動しました


Song by Billy Joel


ビリー・ジョエルが歌う大好きな曲"Piano Man"の歌詞を和訳してみました。



1973年にリリースされた同名の2ndアルバム"Piano Man"に収録されています。

Wikipediaによると、「弾き語りで生計を立てていた頃の体験を元にした歌」だとか。

Music Videoも雰囲気があって素敵です。





【英語 & 日本語 対訳】
"It's nine o'clock on a Saturday
the regular crowd shuffles in
There's an old man sitting next to me
Makin' love to his tonic and gin"

土曜日の9時
いつもの仲間でたむろする
年老いた男は 僕の隣に腰かけて
ジン・トニックに酔いしれている

"He says, "Son can you play me a memory
I'm not really sure how it goes
But it's sad and it's sweet and I knew it complete
When I wore a younger man's clothes""

彼は言うんだ “なぁ若いの 君なら想い出の曲が弾けるだろうか?
それがどんな曲か 私にもよく分からないんだが
なんとも哀しくて それでいて甘美で
私が若者の服を着ていた頃なら 完璧に分かっていたのにな”


"La la la de de da
la la lade da da dum"


  ( *1 )
"Sing us a song, you're the piano man
sing us a song tonight
Well, we're all in the mood for a melody
And you've got us feelin' alright"

歌ってくれ ピアノ・マン
今夜は 僕らのために歌ってほしい
心地よい調べに すべてを包みこみ
気に病むことなど何もないと 感じていたいんだ


"Now John at the bar is a friend of mine
He gets me my drinks for free
And he's quick with a joke or to light up your smoke
But there's someplace that he'd rather be"

バーにいるジョンは 僕の友人だ
タダで飲ませてくれて
気の利いたジョークを口にするか 誰かの煙草に火を点けている
だけど ジョンが本当にやりたいことは どこか別の場所にある

"He says, "Bill, I believe this is killing me"
As the smile ran away from his face
"Well I'm sure that I could be a movie star
If I could get out of this place""

彼は言うんだ “ビル こんなんじゃ死にそうだ”
その時 彼の顔からは 笑顔なんて消え去っていた
“もしこの場所から抜け出せるなら
俺は映画スターにだってなれるかもしれないぜ”


"Oh, la la la de de da
la la de de da da dum"


"Now Paul is a real estate novelist
Who never had time for a wife
And he's talking with Davy who's still in the navy
And probably will be for life"

ポールは 不動産も売買する小説家だ
妻のための時間など 間違っても持ちはしない
彼が話しているのはデイビー 今でも海軍にいる
きっと 死ぬまでそうだろう

"And the waitress is practicing politics
As the businessmen slowly get stoned
Yes, they're sharing a drink they call loneliness
But it's better than drinking alone"

ウェイトレスは 駆け引きに時間を費やしている
ビジネスマンは 少しずつ酔いがまわってきた
そう 彼らは 孤独と呼ばれるものを 飲むことで共有している
独りきりで飲むよりは そのほうがいい


  ( *1 repeat )


"It's a pretty good crowd for a Saturday,
And the manager gives me a smile
'Cause he knows that it's me they've been coming to see
To forget about life for awhile"

土曜日のイカした仲間
支配人は 笑顔をくれる
彼らが会いにくるのが僕だと 彼は知っているから
ほんのわずかな時間でも 現実を忘れるために

"And the piano sounds like a carnival
And the microphone smells like a beer
And they sit at the bar and put bread in my jar
And say "Man, what are you doin' here?""

ピアノの響きは カーニヴァルみたいだ
マイクは ビールのような香りがする
彼らはバーに腰かけて 僕のビンに金を押し込み
そして言うんだ “なんてことだ!君みたいなのが こんな所で何してる!?”


"La la la de de da
la la de de da da dum"


  ( *1 repeat )





Memo:
shuffle = ごちゃ混ぜにする 入れ換える 混乱 乱雑
Son = (青年に対する呼びかけ)
not really sure = よく分からない あまり自信がない
in the mood for = ~したい気分である
rather = もっと正確に言えば 正しくは
practicing = 活動している
politics = 駆け引き
get stoned = 酔っぱらう
bread = (砕けた言い方で) 金
Man = (驚き・熱狂などを表わして) これは なんと



ちなみに、歌の中に"ジョン"と"ポール"が登場しますが、
やっぱりジョン・レノンとポール・マッカートニーから由来するのでしょうか?
だって…"ジョン"と"ポール"って言ったら、ザ・ビートルズだよね…。



もうひとつ…
とても有名な日本のあの歌のメロディから始まるLive Versionを。



Song by Billy Joel


前奏でビリーが弾いていたのは、坂本九さんの"上を向いて歩こう"でした。

2006年11月、東京ドームでの来日公演だそうです。

素敵すぎるよー!!!

…行きたい!
…生で聴きたい!

行きたいよーーー!!


そして最後は、ふたりのピアノ・マンによる夢の競演。



Song by Billy Joel & Elton John


ビリー・ジョエルとエルトン・ジョンのダブル・ピアノとか…!!

二人とも楽しそうで可愛い。
魂のこもった歌声で、心に響きまくりです。


追記(2015-01-15):
グリー・ヴァージョンを追加。



Song by Gree Cast

※この記事は旧ブログから移動しました

0 件のコメント :

コメントを投稿