2014/12/19

歌詞 和訳 David Bowie & Bing Crosby - Peace on Earth/Little Drummer Boy (デヴィッド・ボウイ & ビング・クロスビー - ピース・オン・アース/リトル・ドラマー・ボーイ)

David Bowie & Bing Crosby - Peace on Earth/Little Drummer Boy (デヴィッド・ボウイ & ビング・クロスビー - ピース・オン・アース/リトル・ドラマー・ボーイ)
My Tags: UK / US / X'mas


※この記事は旧ブログから移動しました


Song by David Bowie & Bing Crosby


クリスマス・ソング第4弾。

デヴィッド・ボウイとビング・クロスビーが、1977年放送のTV特番のために作った歌。
"Peace on Earth/Little Drummer Boy"の歌詞を和訳してみました。



5年後の1982年にシングル・リリースされています。


1941年にキャサリン・ケニコット・デイヴィス(Katherine Kennicott Davis)が作った、
"Carol of the Drum"という曲がこの歌の始まり。

1958年にはハリー・シミオン(Harry Simeone)が、
"The Little Drummer Boy"としてこの歌のベースとなる曲をリリースしました。

この"The Little Drummer Boy"の名前で、有名なアーティストが沢山カヴァーしていて、
多くのクリスマス・アルバムに収録されています。

その中でも一番のお気に入りが、今回紹介したボウイ&クロスビーVer.です。





【英語 & 日本語 対訳】
"Come they told me pa-rum-pum-pum-pum
A new-born king to see pa-rum-pum-pum-pum
Our finest gifts we bring pa-rum-pum-pum-pum
Rum-pum-pum-pum, rum-pum-pum-pum"

人々が教えてくれる
生まれたばかりのキングに 会いに行けと
極上の贈り物を持っていくんだ
天使が奏でる ラッパの音(ね)が聞こえる…

"Peace on earth, can it be
Years from now, perhaps we'll see
See the day of glory
See the day when men of good will
Live in peace, live in peace again"

地球上の平和さえ 創り出すことができる
数年先の今頃には この目に見えるかもしれない
輝ける栄光の日を
人々が他人を思いやる善意の心を持った時 その日はやってくる
平和に生きるんだ もう一度 平和に生きていこう

"Peace on earth, can it be
Every child must be made aware
Every child must be made to care
Care enough for his fellow man
To give all the love that he can"

地球上の平和さえ 創り出すことができる
すべての子どもが気付かねばならない
すべての子どもが気に掛けねばならない
仲間たちを十分に気に掛け
何かを成しえられるようすべての愛を注ぐのだ

"I pray my wish will come true
For my child and your child too
He'll see the day of glory
See the day when men of good will
Live in peace, live in peace again"

願いが叶うように祈るんだ
僕の子どものためにも 君の子どものためにも
きっと輝ける栄光の日を目にするだろう
人々が他人を思いやる善意の心を持った時 その日はやってくる
平和に生きるんだ もう一度 平和に生きていこう

"Peace on earth, can it be
Can it be"

地球上の平和さえ 創り出すことができる
創り出すことができるんだから…





Memo:
Rum-pum-pum-pum = ラッパの音 ヨハネの黙示録にはラッパ吹きの天使が登場する
(※和訳ではこの擬音語の替わりに天使のラッパの一文を当てています)
king = 王たる存在であるキリストを指すと思われる (※和訳ではキングとしている)
year from now = 今から数年後
make aware = 意識する 認識する
make to care = 気にする


※この記事は旧ブログから移動しました

0 件のコメント :

コメントを投稿