2015/01/15

歌詞 和訳 Jessie J - Loud feat. Lindsey Stirling (ジェシー・J - ラウド feat. リンジー・スターリング)

Jessie J - Loud feat. Lindsey Stirling (ジェシー・J - ラウド feat. リンジー・スターリング)
My Tags: UK / Stronger



Song by Jessie J feat. Lindsey Stirling

ジェシー・Jが2014年にリリースした3rdアルバム"Sweet Talker"より、
"Loud (feat. Lindsey Stirling)"の歌詞を和訳してみました。

二人称を"あんた"にしたの、たぶん初めてかも…。

フィーチャリングで、"踊るヴァイオリニスト"として話題のリンジー・スターリングが参加してます。



【英語 & 日本語 対訳】
"Why don't they hate you?
Why do they hate me?
Why are their blocks set up to debate but only forsake me
How am I doing
And why do you care
With my failures comes the smiles
When I win, I write, you just compare
So why
Must I try to earn your love
When I'm better than what I've been
But that's not good enough, why
You can't hear my decency
Instead of me singing of friends
I'm talking over enemies
The world is so"

なぜ みんな あんたを嫌わないの?
なぜ みんな 私が嫌いなの?
みんなの頭は よく考えるようにできてるくせに なんで私を見捨てるのよ?
私ってどうなの?
なんで あんたは 心配してしてくれないの?
私の失敗に ほほ笑むそぶりを見せるけど
私が勝ったって 私は書いて あんたはただ比べるだけ
なのになんで
あんたに気に入られようとしなきゃなんないの?
今までより良くなっても
まだ足りないのはどうして?
あんたには 私の礼儀が分かんないのよ
私の代わりは 友人たちの歌声でしょ
ライバルのことを話してるの
この世界のことよ

  ( *1 )
"Loud
Loud, loud
It's so loud
Loud, loud
It's like hearin' pins drop in the crowd
They won't stop until they goddamn tear you down
Man the world is so loud
Loud, loud, it's so loud
Loud, loud
I try to drown them all out with my sound
But they won't stop
Stop until they tear you down"

うるさいわ
うるさい うるさい
なんてうるさいの!
うるさい うるさい
人ごみの中で ピンが落ちる音を聞いてるのと同じ!
みんな なんなの! あいつらは あんたをこき下ろすまで やめないわ
そりゃそうよ 世界はこんなにも騒がしい
うるさい うるさい なんてうるさいの!
うるさい うるさい
私の音で それを全部かき消そうとするけど
あいつらはやめないわ
あんたを傷つけるまで やめないのよ

"Until they tear me down, huh! (One day you will, take me as I am)
Until they tear me down!
(As I am)"

あいつらは 私を傷つけるまで Huh (いつか あんたも ホントの私が分かるわ)
あいつらは 私をこき下ろすまで!
(これが私よ)

"Wish for my destruction
That's why I'm so reluctant
Want me to pass the ball
But you're not on my team
You wanna cast a stone
We're so ready to fight
Got the nerve to ask "how did I sleep?"
I heard you all through the night
Somebody tell me why
I know it's not just me
Over a billion voices
Don't think, just speak
You hate me when I'm up
You love me when I'm down
I'm so confused by the world,
Hey the world is so"

私の破滅を願う?
だからすごく気乗りがしなかったの
ボールをパスしてほしい?
でも あんたは私のチームじゃないわ
石を投げたい?
私たち 闘う準備は万端よ
“どうやって眠ったの?”って 尋ねる度胸を持ちなさいよ
一晩中 聞いてたわ
誰かワケを教えて
私だけじゃないのは分かってるの
数え切れない声が耳をかすめても
考えないで 話してくれればいいの
私が元気だと あんたは嫌がる
私が落ち込んでると あんたは愛してくれる
この世界のせいで ひどく頭が混乱したの
Hey この世界ってすごく―


  ( *1 repeat )


"Until they tear me down, huh! (One day you will, take me as I am)
Until they tear me down!"

あいつらは 私を傷つけるまで Huh (いつか あんたも ホントの私が分かるわ)
あいつらは 私をこき下ろすまで!

"Until they tear me down, until they tear me down
Until they tear me down, until they tear me down"

あいつらは 私を傷つけるまで―

"Long ago, I swear that
I couldn't hear a sound
I couldn't hear a sound
There's a little girl, now
With a little fortune (with a little fortune)
Opinions wish to tear me down (Opinions wish to tear me down)"

すっと昔 誓ったの
私は音が聞こえなかったわ
私は音が聞こえなかったの
その小さな少女が 今
小さな幸運を持ってるの (小さな幸運を持ってるの)
世間の評価は 私が傷つくのを願うけど

"Oh!
The world is so loud (so loud)"

Oh!
世界はなんてうるさいの (こんなにも騒がしい)


  ( *1 repeat )


"(One day you will, take me as I am)
Until they tear you down!
Yeah (as I am) oh
(One day you will, take me)
Take me as I am
As I am"

(いつか あんたも ホントの私が分かるわ)
あいつらは あんたをこき下ろすまで!
Yeah (これが私よ) Oh
(いつか あんたも分かるわ)
ホントの私を分かってよ
ありのままの私を

"The world is so loud!"

世界はなんてうるさいの!




Memo:
block = 頭 (※英式)
debate = (複数の視点・角度から~かどうかを)じっくり考える
How am I doing = 私はどうやっている? = どうかな? どうだすごいだろう
come the = (非難の意を込めて)~ぶる ~風を吹かせる (※英式)
hear = 理解する 分かる (※understandの強意用法)
talk over = ~について議論する 話し合う 相談する
crowd = 群衆 大衆
goddamn = ちくしょう くそっ いまいましい
tear down = 引き下ろす 崩壊させる / 傷つける 中傷する けなす
drown out = (音をもっと大きな音で)かき消す 聞こえないようにする
take = 理解する 見なす
cast a stone = (※直訳で)石を投げる = 非難する
so ready = (※直訳で) 準備万端 = 心待ちにしている 待ち遠しい
opinion = (世間の一般的な)考え 見方




"It's like hearin' pins drop in the crowd"という一節について。

"人ごみの中で ピンが落ちる音を聞いてるのと同じ"と直訳していますが、
人ごみのような騒がしい場所で、ピンの落ちる微かな音さえ聞こえるくらい、
周囲の陰口に過敏になってる、他人の目が気になって仕方ないということだと解釈してます。

ちなみに、一本のピンが落ちる音が聞こえるほど静まり返った様子を、
"one could hear a pin drop"と表現したりします。


本曲とは直接関係ないのですが、せっかくなのでリンジー・スターリングの演奏をひとつ紹介します。


Song by Lindsey Stirling

私は前に、この動画を教えてもらって、彼女を知りました。

"Phantom of the Opera"(オペラ座の怪人)のメドレーなのですが、
ロックな"Phantom of the Opera"で始まったかと思えば、
幻想的な"Think of Me"を聴かせたり…楽しませてくれます。

0 件のコメント :

コメントを投稿