2015/01/22

歌詞 和訳 Yngwie Malmsteen - Prisoner of Your Love (イングヴェイ・マルムスティーン - プリズナー・オブ・ユア・ラヴ)

Yngwie Malmsteen - Prisoner of Your Love (イングヴェイ・マルムスティーン - プリズナー・オブ・ユア・ラヴ)
My Tags: Sweden / Love



Song by Yngwie Malmsteen



イングヴェイ・マルムスティーンが1994年にリリースした7thアルバム"The Seventh Sign"より、
"Prisoner of Your Love"の歌詞を和訳してみました。

J.S.バッハ(Johann Sebastian Bach)の"G線上のアリア"がサンプリングされてます。

クラシックのサンプリング、大好き♡
次はこのつながりで何曲か和訳しようかな。



【英語 & 日本語 対訳】
"My heart
Fell into the palms of your hands
This love
Made me understand"

僕の心が
君の手のひらに舞い降り
この愛が
僕に気付かせた

  ( *1 )
"I've waited all my life for you
Thought I'd live and die alone"

僕は生まれてからずっと君を待っていたんだ
ひとりきりで生き ひとりきりで死ぬと思っていたのに

  ( *2 )
"Enraptured by the beauty
I'm a prisoner of your love
Enslaved by the passion
I'm a prisoner of your love"

美しさに心を奪われ
僕は君の愛の虜だ
情熱に酔いしれ
僕は君の愛の虜だ

"I'm wrapped around your finger
Like the ring on your hand
I'm trapped by your love
I'm yours, please understand"

僕は君の指先に操られるんだ
その手にはめた指輪のように
僕は君の愛に囚われたんだ
僕は君のものだと どうか解ってくれ


  ( *1-2 repeat )

  ( *2 repeat×2 )





Memo:
make someone understand = (人に)言いたいことを分からせる 理解させる うまく考えを伝える
enraptured by = ~にうっとりする
wrap around one's finger = (人の)意のままに操られる 言いなりになる
(※直訳で伝わりにくい表現なので意訳してます)




せっかくなので、バッハの"G線上のアリア"です。


Performance by Amsterdam Baroque Orchestra

"管弦楽組曲第3番 ニ長調 BWV 1068 - 第2楽章 エール 「G線上のアリア」"
(Overture (Suite) No. 3 in D major, BWV 1068 - II. Air)


"G線上のアリア"のサンプリングっていうと、
スウィートボックス(Sweetbox)の"Everything's Gonna Be Alright"もありますよね。

久しぶりに聴いてみたら、懐かしかった。

2 件のコメント :

  1. いちもんじ2015/01/25 23:43

    いちもんじです。m(_ _)m
    クラシックのサンプリングが効果的にされていると、おお!っとなりますね。
    特にHR/MRのジャンルは相性バッチリだったのでハマった要因のひとつでもありました。

    ちなみに、この曲の作詞は当時のイングヴェイの奥さんです…彼の大好きなバッハのアリアな印象的なところをサビに持ってきて素敵な曲に仕上げましたが…その後、色々あったようで…。^^;

    曲の雰囲気と歌詞(和訳)が良くあってて、大好きな曲のひとつなのを改めて認識しました!

    スウィートボックス(Sweetbox)の"Everything's Gonna Be Alright"も
    YouTubeで和訳付きがあったので聴いてみました。
    …なんか切ない内容でした(T ^ T)
    と思いつつLise★さんなら
    どんな和訳にするんだろう?と…

    クラシックのサンプリング繋がりで和訳お願いします!( ´ ▽ ` )ノ

    返信削除
    返信
    1. いちもんじさん、コメントありがとうございます。
      "Motherless Child"より叙情的な詩だなって思ってたけど、
      (当時の)奥さんが書いてたんですね。
      メロディと詩があっていて綺麗な曲ですよね。
      出逢えてよかった。教えてくれてありがとうございました^^

      "Everything's Gonna Be Alright"はプレイリストにあったので、
      今週どこかで和訳してみます。

      ちなみに、クラシックのサンプリングつながり第2弾は、ビリーの曲にしてみました。
      いうほど知らないので、このシリーズすぐ終わっちゃうんですけど(笑)

      削除