2015/02/13

歌詞 和訳 Sam Smith - I'm Not the Only One (サム・スミス - アイム・ノット・ジ・オンリー・ワン)

Sam Smith - I'm Not the Only One (サム・スミス - アイム・ノット・ジ・オンリー・ワン)
My Tags: UK / Love



Song by Sam Smith



第57回グラミー賞で4冠を獲得したサム・スミス。

最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞を受賞した、
2014年リリースの1stアルバム"In the Lonely Hour"より、
"I'm Not the Only One"の歌詞を和訳してみました。

疑い、傷つき、それでもしがみつく、そんな愛に嵌り込んだ姿が浮かびます。

信じたいだけか、愛しているからか、見えなくなって、それが愛なのか分からなくなる。
真実が知りたいのに、望む答えも、望まない答えも、相手の語るすべてが信じられない。
そうなるともう抜け出せなくて、苦しくて、余計に執着するからさらに苦しむ。

個人的なイメージですが、そんな修復できない愛を想いながら、
やさしいメロディに癒しを感じます。

傷を癒すのは、時間とこういうやさしい歌なのかもしれない。

アルバムの曲は他も順番に和訳中です。(一覧はコチラ)




【英語 & 日本語 対訳】
"You and me, we made a vow
For better or for worse
I can't believe you let me down
But the proof's in the way it hurts"

君と僕は ふたりで誓い合った
良くも悪くも
君が僕を裏切るなんて信じられない
だけど確かなのは心が痛むということ

"For months on end I've had my doubts
Denying every tear
I wish this would be over now
But I know that I still need you here"

何ヶ月もずっと 僕は疑問を抱えてた
どんな涙も信じられない
今はもう終わらせてしまいたいのに
まだ君が必要だと僕は自分で気付いてる

  ( *1 )
"You say I'm crazy
'Cause you don't think I know what you've done
But when you call me baby
I know I'm not the only one"

僕はおかしいと君は言う
君のしたことを僕が知ってるなんて想いもしないから
だけど君が僕をベイビーと呼べば
僕が君のオンリーワンじゃないって分かるんだ

"You've been so unavailable
Now sadly I know why
Your heart is unobtainable
Even though Lord knows you kept mine"

君はなかなか時間もとれずにいた
悲しいけど今の僕にはなぜかが分かる
君の心は手に入らない
神がそれに気付いても 君が僕のものであることは変わらない


  ( *1 repeat )


"I have loved you for many years
Maybe I am just not enough
You've made me realize my deepest fear
By lying and tearing us up"

僕は何年も君を愛してきたけど
たぶん足りないんだ
何より深く恐れた現実を 君は僕に突きつけた
欺き ふたりを引き裂くことで…


  ( *1 repeat×2 )


"I know I'm not the only one
I know I'm not the only one
And I know...
I know I'm not the only one"

君にとって特別なのが僕だけじゃないのが分かる
僕が君のオンリーワンじゃないって分かるんだ
知ってるよ
僕だけじゃないって分かってるんだ



Memo:
for better or for worse = 善かれ悪しかれ どんなことがあろうと




"for better or for worse"は、

"for better, for worse
for richer, for poorer
in sickness and in health
to love and to cherish till death do us part"

良い時も 悪い時も
富める時も 貧しき時も
病める時も 健やかなる時も
死がふたりを分かつまで 愛し 慈しむことを誓う

という結婚の誓いの言葉に登場するフレーズです。



最後はライヴ・パフォーマンス映像です。




Song by Sam Smith

0 件のコメント :

コメントを投稿