2015/02/17

歌詞 和訳 Sam Smith - Leave Your Lover (サム・スミス - リーヴ・ユア・ラヴァー)

Sam Smith - Leave Your Lover (サム・スミス - リーヴ・ユア・ラヴァー)
My Tags: UK / Love



Song by Sam Smith



第57回グラミー賞で4冠を獲得したサム・スミス。

最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞を受賞した、
2014年リリースの1stアルバム"In the Lonely Hour"より、
"Leave Your Lover"の歌詞を和訳してみました。

“僕のために恋人と別れて”と歌うラヴ・ソングなんだけど、
ブリッジの詩…相手が想いに気付かないって切ないな。

この歌には"僕"以外に、"君"と"君の恋人"="彼"が登場するのですが、"君"の性別は不明です。
(一人称は、サム・スミスが男性なので、"僕"にしてます)

サム・スミスは同性愛者であることをカミングアウトしてるみたいなので、
ジェンダーに捉われず誰もが詩のまま感情移入できるように書かれているのかもしれません。
(色々和訳してきて、詩のどこかに性別が判る所有格等が一度くらいは出てくる印象があったので)

"In the Lonely Hour"と同様に、私的に"Stay with Me"より好きな曲のひとつです。

アルバムの曲は他も順番に和訳中です。(一覧はコチラ)




【英語 & 日本語 対訳】
"I don't have much to give, but I don't care for gold
What use is money, when you need someone to hold?
Don't have direction, I'm just rolling down this road
Waiting for you to bring me in from out the cold"

あげるものはたくさんないけど お金に興味はないんだ
お金なんて何に使う? 君はいつになれば抱きしめる誰かを必要とするの?
型にはめないで 僕はただこの道を転げ落ちてく
外の寒い世界から 僕を迎え入れてくれる君を待ちながら

  ( *1 )
"You'll never know the endless nights, the rhyming of the rain
Or how it feels to fall behind and watch you call his name"

君は決して気付かない 終わりのない夜も 雨音が重ねる響きも
転がり落ち 彼の名前を呼ぶ君を見るのが どんな気持ちかも

  ( *2 )
"Pack up and leave everything
Don't you see what I can bring
Can't keep this beating heart at bay
Set my midnight sorrow free
I will give you all of me
Just leave your lover, leave him for me
Leave your lover, leave him for me"

何もかも全部 荷物にまとめて出て行って
僕が持ってきたものを見たりしないで
この高鳴るハートを抑えられないんだ
真夜中に押し寄せる悲しみから解放して
僕のすべてを捧げるよ
本当に恋人と別れ 彼の元から離れてくれ 僕のために
恋人と別れ 彼の元から離れてくれ 僕のために

"We sit in bars and raise our drinks to growing old
Oh, I'm in love with you and you will never know
But if I can't have you I want this life alone
Spare you the rising storms and let the rivers flow"

僕たちはバーに座って 齢を重ねる祝杯をあげる
Oh 僕は君に恋してるのに 君は決して気付かない
だけど もし君を手に入れられなくても 僕はひとりのこの生活を望むよ
反乱に襲われた君を救うんだ 川の流れはそのままに


  ( *1-2 repeat )



Memo:
direction = 方向性
rhyme = 韻を踏む
pack up and leave = 荷造りして出て行く
keep ~ at bay = ~を寄せ付けない 食い止める (※イディオム)
growing old = 年を取る
rising = 反乱 暴動








最後はライヴ・パフォーマンス映像です。






Song by Sam Smith

0 件のコメント :

コメントを投稿