2015/02/01

歌詞 和訳 The Alan Parsons Project - Eye in the Sky (アラン・パーソンズ・プロジェクト - アイ・イン・ザ・スカイ)

The Alan Parsons Project - Eye in the Sky (アラン・パーソンズ・プロジェクト - アイ・イン・ザ・スカイ)
My Tags: UK / Tender



Song by The Alan Parsons Project



アラン・パーソンズ・プロジェクトが1982年にリリースした6thアルバム"Eye in the Sky"より、
"Eye in the Sky"の歌詞を和訳してみました。

わがままな彼女に、(多分わざと)振り回されてきた彼からの、
甘えてばかりいちゃダメだよというメッセージ・ソングかな。
"最後通告"でもあるけど、そういうには、ずいぶんやさしくて大人な彼ですね。
メロディと同じようなやさしい愛を感じます。


リクエストいただくまで知らなかった曲です。
新しい曲との出会いをありがとうございました。



【英語 & 日本語 対訳】
"Don't think sorry's easily said
Don't try turning tables instead
You've taken lots of chances before
But I ain't gonna give any more
Don't ask me
That's how it goes
'Cause part of me knows what you're thinking..."

“ごめんね”くらい簡単に言えるなんて思っちゃダメだ
かわりにテーブルを逆に向けようとなんてするなよ
君は今まで たくさんのチャンスを手にしたけど
僕はこれ以上あげるつもりはないんだ
僕に聞かないでくれよ
そんなもんだろ
だって僕は心の片隅で君の想いに気付いてるんだ

"Don't say words you're gonna regret
Don't let the fire rush to your head
I've heard the accusation before
And I ain't gonna take any more
Believe me
The sun in your eyes
Made some of the lies worth believing"

後悔するような言葉を口にしちゃダメだ
激しい怒りに頭を支配させちゃいけないよ
今まで非難めいた主張を聞いてきたから
僕はこれ以上受け入れるつもりはないんだ
僕を信じてくれよ
君の瞳に浮かぶ太陽の輝きは
幾つかの嘘にさえ信じる価値を生み出したんだ

  ( *1 )
"I am the eye in the sky
Looking at you
I can read your mind
I am the maker of rules
Dealing with fools
I can cheat you blind
And I don't need to see any more
To know that I can read your mind
I can read your mind..."

僕は空に浮かぶ瞳なんだ
君を見ているのさ
君の心を読むこともできるよ
僕はルールの作り手なんだ
バカなふりして相手をしてるのさ
君に見えないようにごまかすこともできるよ
それに僕はこれ以上見る必要はないんだ
君の心が読めるって気付いているからね
君の心を読むことだってできるんだ…

"Don't leave false illusions behind
Don't cry 'cause I ain't changing my mind
So find another fool like before
'Cause I ain't gonna live anymore believing
Some of the lies while all of the signs are deceiving"

見せかけの幻の陰に隠れてちゃダメだ
僕の心は変わらないから 泣いちゃいけないよ
それなら今までみたいに別のバカを探してくれ
だって僕はこれ以上 サインのすべてから自分を欺いたまま
幾つもの嘘を信じて生きるつもりはないんだ


  ( *1 repeat×2 )




Memo:
that's how it goes = そういうものだよ そんなものさ (※イディオム)
part of me = 僕の一部 (※少し意訳して"僕の心の片隅"としてます)
fire = 興奮 激怒
rush = 急に起こる 殺到する / 急襲する / 押し寄せる 大急ぎで運び込む
accusation = 告発 非難 告訴 告訴理由 / 言いがかり 疑惑
The sun in your eyes made some of the lies worth believing
= 瞳が輝いているというだけで 君のついたうそを信じる気にさせたこともあった (※英語のことわざ)
Dealing with = 処理する 対処する
leave = 退く / そのままにしておく 放っておく




最後はライヴ・ヴァージョンです。


Song by The Alan Parsons Project

2 件のコメント :

  1. いちもんじです。m(_ _)m2015/02/03 22:11

    和訳ありがとうございます。m(_ _)m

    Lise★さん解釈の和訳してもらって救われたかもです。^^;

    過去に、この曲の和訳を調べたことがもちろんあったんですけど、色んな解釈の出来る歌詞みたいで…そのなかの一つに「女性に誑かされて悔いてる内容」というのがあったのです。

    な、…Σ(・□・;)
    それじゃあ、まるで恨み節や負け惜しみを歌ってる様じゃないか…

    曲の雰囲気とはかけ離れていて受け入れ難いなあ…と思いながらも、何と無くマイナスイメージがついてしまっていました。

    同じ「最後通告」でも背景にあるもので全く違う内容ですよね…(ーー;)

    なので、
    「わがままな彼女に、(多分わざと)振り回されてきた彼からの、
    甘えてばかりいちゃダメだよというメッセージ・ソングかな。」
    というのは、今までみた解釈で一番しっくり来た感じがしました。

    この曲に優しさが無いなんてありえませんよ!( ´ ▽ ` )ノ
    お陰様で、すっかりマイナスイメージが取れて、久しぶりにリピートしてます(笑)

    返信削除
    返信
    1. いちもんじさん、コメントありがとうございます。

      私は基本的にどうせならハッピーエンドを想像したい性質なので、
      彼女が彼のやさしさに気付いて変わっていく結末を想い描いてしまいます。

      なので、この歌の解釈は、
      「僕はこれ以上・・・するつもりはないんだ・・・だからバイバイ」じゃなくて、
      「・・・だからこれからはダメなことはちゃんと言うよ」かな。

      >この曲に優しさが無いなんてありえませんよ!

      結局のところ、まさにそれですね。インスピレーションの影響力は強いです。

      メロディのやさしさと"Believe me"、"Don't cry"の言葉も、
      そういう想いに結びつける鍵になりました。

      詩にはやっぱり色んな解釈があるものですね。

      今の私だから、彼にやさしさを、彼女には幼さを感じたけど、
      今よりずっと我儘で自分勝手だった10代の自分なら、また違ったかも知れません。

      >お陰様で、すっかりマイナスイメージが取れて、久しぶりにリピートしてます

      何にせよ、お役に立てて(?)良かったです。
      素敵な曲を教えてくれてありがとうございました^^

      削除